消費者金融の無利息期間の体験談

消費者金融をいままでに何社か利用した事があるのですが、
その中でちょっとしたキャンペーンというものを何度か経験した事があります。
そのキャンペーンとは、無利息系のものです。
借入れする時には必ず利息というものがキャッシングにはついてくるわけです。
利息を含めてがん金を返済しなければいけません。
それが借金の決まりというものになります。

しかし、その無利息キャンペーンというものを利用しますと、一定の条件で利息が一切つかなくなります。
ゼロとなりますので非常に大きなメリットになるわけです。
私自身もそのメリットを魅力に感じまして利用してみた経験があります。
ただ無利息というものが、初回限定利用でしか適用されない事になります。
ですので、新しく審査を受けて無利息キャンペーンを適用にしなければいけません。
そういった事もありまして、まずはいろいろな業者の無利息キャンペーンの中身を調べてみました、
いくつか調べてみた中で気になったのが、無利息キャンペーンには期間が決められているという事です。
一定期間内しか無利息にはなりませんので、その点は理解して利用しなければいけないというわけです。

調べてみて無利息期間については、7日間タイプと30日タイプ、そして180日タイプがあるという事が分かりました。
私が利用したのが180日タイプの無利息期間がある消費者金融です。

ただ、180日の無利息期間ですが、実はちょっとしたからくりがあります。
例えば、50,000円までの利用までしか、無利息状態にはならないというわけです。
ですので、おおきな額の借り入れを計画している方は特に問題になってしまいます。

その結果、一応180日間の無利息期間があるところを選んだのですが、結局30日の無利息期間タイプを私は選択しました。
ちょっと大きな額を利用したかった理由があったので、180日タイプではあまり得をしないと思ったからです。
30日タイプでも利息が発生しないというのはうれしかったです。
登録をして最初しか適応されないのが残念ですが、無利息というものを活用すればかなりお得になると実感しました。

親切な対応な消費者金融

会社勤めをしていた頃のことですが、冠婚葬祭が続き、お金がなくなってどうしようか迷った結果、テレビCMでやっていたプロミスを利用してみることにしました。
夜にインターネットで申し込み、色々と書類を提出し、次の日に審査が通り10万ほど借りました。消費者金融って、ヤミ金で恐いイメージがありましたが、オペレーターの方は親切でとても好感が持てました。女性や主婦が借り入れしたい時にはうれしい対応です。
融資してもらった10万円は次の給料日に返済しました。
初めての利用でポイントサービスに申し込んだら、30日間無利息だったと思うので、大変助かりました。

最初、消費者金融でお金を借りることに対して、非常に抵抗を持っていましたが、実際に借りてみると思っていたより良かったです。
今後は使わないのが1番なのでしょうが、どうしても借りる必要があったらまたプロミスで借りたいと思います。

引き下げ幅が大きい住宅ローンが増加

住宅ローンを組もうとしている人は、しっかりと情報収集をする必要があります。借り換えを考えている人も同様です。

一昔前までの住宅ローンといえば、公的融資の長期固定金利型ローンと、銀行などの短期変動金利型ローンを組み合わせるのが基本とされていました。

経済成長をしているときには、金利と年収が上昇することがわかっており、理にかなっていたのです。また、住宅金融公庫などの融資を受けることが難しくありませんでした。

しかし、今は長引く不況で不動産価格も下落し、その影響が住宅金融公庫にも直撃しています。

そんな今では、住宅ローンは引き下げ幅が大きくなっています。新規で住宅ローンを利用するときは引き下げ幅が大きいものを利用できましたが、近年は借り換え専用の住宅ローンでも引き下げ幅を大きくした商品が増えているのです。

新築物件の購入の際に利用する住宅ローンと、まったく遜色ない商品が出てきていることで、住宅ローンの借り換えをする人が増えているのです。

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した住宅ローンのフラット35でも、借り換えの人の方が手数料が安くなるなどのメリットがある商品が出ています。

借り換えの人に利用しやすい、残りの返済期間が20年以下になっている場合には、フラット35の期間20年以下という金利が低くなっている商品を利用することができます。完済まで金利を固定したいという人には、おすすめの住宅ローンといえます。

このフラット35でもわかるように、借り換えならではのメリットのある住宅ローンが増えていますので、住宅ローンの借り換えを考えるときには市場の金利の変動を見ているだけでは、チャンスを逃してしまうかもしれません。

住宅の購入は人生最大の買い物ですから、住宅ローンの借り換えによって返済総額が変わることは十分にあります。大きな買い物だからこそ、住宅ローンの借り換えによって数十万円以上も差額が出てくることもあります。良い商品を見つけたら、積極的に借り換えをしていきたいものです。

レイクは総量規制に関係なく融資可能

レイクは、新生銀行系の融資会社なので総量規制対象外となり、総量規制に関係なく融資が実現します。

総量規制に関係なく融資が実現するレイクは、年収の1/3以内等も関係なく融資が実現します。

このレイクでは、キャッシングに伴うサービスに「無利息サービス」が設けられています。

またレイクの無利息サービスは、2種類あるのでどちらかの無利息サービスを利用する事が出来ます。
☑5万円分だけ180日間無利息サービス ☑30日間無利息サービス

この2つのいずれかを選びキャッシングをする事が出来ます。
そのため、例えば「給料日までお金が足りない‥」場合は、お給料が入ったらすぐに返せる事になりますので、その場合は30日間無利息のサービスを利用する事により、利息なしで融資が受けられます。
☑10万円を1回払いで利用すると‥
30日間無利息を利用すると30日以内に返せば利息が「0円」です。

しかし、5万円まで180日間無利息のサービスを選んでしまうと1回払いでも700円ちょっとの利息と10万円を払いますので合計10700円返済しなくてはいけません。

つまり、レイクのキャッシングは利用に応じた無利息サービスを利用出来るので、金利の部分を考えると銀行系のキャッシングよりもやや高めではありますが、負担なく利用出来てとてもおトクに利用出来る事になります。レイクの他にも総量規制対象外のカードローンがあるので是非調べてみてください。

アコムキャッシングの金利

アコムのキャッシングには、幾つかの種類があります。

限度額「500万円」のキャッシング商品となるアコムカードローンやショッピング機能が付いているACマスターカード。

更には、限度額300万円の借り換え専用ローンと事業者のためのビジネスローン等があります。
そのため、色々な用途に使いたいという場合は、使い道自由なアコムカードやACマスターカードが適していますし、個人事業主の方が融資を受けたいという場合は、ビジネスローンが適します。

更に、複数の借入があるので毎月の返済負担をなくしたいという場合は、借り換え専用ローンが最適です。

アコムでは、このようにニーズに応じた融資商品がありますのでアコムのローンを利用したいという場合は、ご自身の希望にマッチする融資商品に申込む事が出来ます。
ただし、アコムの融資商品に伴う金利は融資商品により異なるので、この辺は事前によく確認し利用は検討しなくてはいけません。

例えば、アコムカード、ACマスターカードを利用する場合、カードローンはそもそも限度額が「500万円」ですから「500万円の範囲内で審査により限度額が設定されます」が、金利はカードローンで「4.7%~18.0%」となります。

ただし、ACマスターカードを利用する場合は、ショッピング機能が付きますのでショッピング機能の限度額は「300万円」となりますので、その範囲内で限度額が設定します。

またこの場合の金利は「10.0%~14.6%」となります。
アコムのビジネスサポートカードローンは、融資額で金利が異なり「100万円以内」の場合は、金利「12.0%~18.0%」となりますが「100万円~300万円」の場合は「12.0%~15.0%」の金利となります。

また借り換え専用のカードローンを利用する場合は、金利「7.7%~18.0%」となります。
アコムのローンはこのように各融資商品により、金利は異なりますので利用を検討の場合は限度額や金利もよく確認し利用してください。

比較的、アコムの融資商品に伴う金利は低めではなく、むしろ銀行融資よりもやや高めの傾向です。

ですが、急ぎの場合には非常に対応が早いのでとても役立てられる融資となりますので、急を要する融資の必要性がある場合はアコムのローンも検討すべき価値は大いにあると思われます。

アイフルの会員サービス

アイフルは会員サービスが充実しています。
aiメールという会員専用のメールサービスがあるのですが、返済3日前にお知らせが送信されてくるので支払日を忘れる心配がありません。

限度額増額可能時のお知らせのメールも、電話が掛かってくるのが嫌いなので有り難いです。
ただ、最初にお知らせのメールが送られてきた時は増額できなかったです。

会員サイトからなら振込みキャッシングの申し込みも簡単です。
会員ページ上にある振込みキャッシングボタンを押し、金額を指定するだけです。
当日の振込みも午後2時10分まで申し込みば間に合います。
携帯からも同じ会員サービスを利用することができるので、外出時に振込みキャッシングを申し込みすることも可能です。

あとはアイフルはインターネット返済があればもっといいなと思います。

アイフルの審査では信用力が重要

もし、あなたが人にお金を貸す立場となって考えた場合、何を重視してお金を貸すか検討しますか?日常を過ごしている中で家族や友人からお金を貸してと言われる事もあると思います。その時、家族や友人が信頼できる人であればお金を貸すと思いますし、信用出来ない場合には、貸さないでしょう。

もし、今日知り合った人や知り合って間もない人にお金を貸してと言われて場合、あなたは、貸しますか?恐らくほとんどの人がお金を貸す事は無いでしょう。その理由は、明確です。信頼する事が出来ないからですね。

それは、消費者金融にも言える事で信用出来ない人にお金を貸す事は絶対にありえません。しかし、消費者金融と言うのは、利用者にお金を貸してその際に発生する利息を収入源としているので、審査を厳密にすると利用者からの評判も悪くなり、申し込み者が少なくなると経営も悪化するので、独自の審査基準を設けて融資を行うか?決めています。

お金を貸す事は、物を貸す事よりもシビアになるため基本的にキャッシングするために時間が掛かります。

しかし、融資を申し込んでくる人の多くは、すぐにでもお金が必要な人が多く、審査に時間が掛かってしまう事を好んでいません。

そこで、アイフルでは、最短30分の審査時間を設けています。この間に申し込み情報と信用情報機関へ申し込み者の履歴を照合して融資を行うか?判断しています。

信用情報機関は、各金融会社と共有して利用されているので、アイフル以外で申込や借入した場合、わかるようになっているので、嘘を付く事は出来ません。

貸付条件と申込み書が正確で信用情報機関の履歴に問題が無い場合は、ほぼ審査通過すると見て間違いありません。

それは、融資する事に対する不安や問題点が無い為、全額返済してくれるとの信用を与える事が出来るからです。

お金の貸し借りをするために一番必要な事は、互いの信用力であるため良好な関係を築くために信用される事を重点に申込を行うようにしましょう。